WordPressテーマ「SANGO」24の魅力

SANGOの魅力

SANGOは、Webメディア「サルワカ」から生まれた有料WordPressテーマです。SANGOにはたくさんの魅力があります。ブログ、アフィリエイト、企業ホームページ、様々な用途できっと活躍するはずです。

1.
つい長居したくなる、居心地の良いデザイン

居心地の良いデザイン

SANGOは訪れる人々の「居心地の良さ」を第一に考えてデザインされています。ストレス無く、つい長居したくなるような心地よさを追求しました。

2.
100%レスポンシブ

レスポンシブ対応

言うまでもなくレスポンシブ対応。パソコン、スマートフォン、タブレット、どの端末で見ても最適化されて表示されます。

3.
マテリアルデザインを大部分に採用

マテリアルを採用

Googleのマテリアルデザインをテーマの多くの部分に採用。直感的に操作が分かるUIとなっています。

4.
心地の良いアニメーション

ユーザーのストレスにならない程度のアニメーションを実装。この2つの動画のアニメーション部分にはJavascriptは使われていません。HTMLとCSSのみで実現されています。

5.
内部SEO対策施策済み

内部seo対策施策済み

巷の「SEOに強い」とされるテーマで実施されている有効なSEO対策は基本的に実施済みです。それらのテーマが本当にSEOに強いのであれば、SANGOのSEOも強いと言えるでしょう。
とはいえ、テーマでできるSEO対策というのは限られています。価値のある記事を書かなければ、検索順位は上がりません。これはどのテーマでも共通です。
個人的には、「長居したくなる魅力的なデザイン+良質なコンテンツ」こそが最強のSEO対策だと考えています。

MEMO

検索エンジンにコンテンツの内容を伝える「構造化データ」の設定も実施済みです(カスタマイザーでの入力項目あり)。現状、直接的なSEO効果は無いとされていますが、検索結果に表示される情報が最適化されることが期待できます。

6.
自分好みのサイトカラーに

HTMLやCSSの専門知識が無くとも、簡単にサイトカラーを変更することができます。統一感のある配色になるように「メインカラー」や「アクセントカラー」などの概念を取り入れました。

7.
30種類以上の見出し

SANGOにはインストール時点から30種類以上の見出しが収録されています。中にはカスタマイザーで自分の好みに応じて登録したメインカラーやアクセントカラーが配色に反映される見出しデザインもあります。

見出し種類一覧

8.
30種類以上のボタン

ボタンデザイン

ボタンも初期設定から30種類以上が用意されており、ショートコードで簡単に記事内で使用することができます。立体的なものからフラットなもの、グラデーションのかかったものまで。登録したメインカラーやアクセントカラーが使用されるボタンもあります。

ボタン種類一覧

9.
30種類以上のボックスデザイン

ボックスデザイン

多彩なデザインのボックスもショートコードにより簡単に挿入できます。

ボックス種類一覧

10.
20種類以上の箇条書き

箇条書きデザイン

同様に、箇条書きもたくさんのデザイン種類が用意されています。

箇条書き種類一覧

11.
記事を華やかにするショートコード

SANGOには良質な記事を書くための武器としていくつかのショートコードを用意しています。関連記事へのリンクや、吹き出し、画像の上に文字を配置する機能など、便利なものを一通り揃えています。

12.
ヘッダーアイキャッチで大胆なトップページに

トップページのヘッダーには、画像、テキスト、ボタンを印象的に配置することができます。訪問者の目を引き、見てもらいたいページへと誘導しましょう。

なお、ヘッダーアイキャッチには2種類のスタイルが用意されています。

13.
押したくなるフォローボックス

フォローボックス

記事下には最近よく見かける「この記事が気に入ったらいいね」というようなフォローボックスを表示することが可能です。ユニークなデザインで見る人の目を引くはずです。また、スマホ表示にも最適化されています。

14.
記事下に表示される関連記事

関連記事はインストール時点から実装されています(カスタマイザーから簡単にオフにすることもできます)。スマホで見たときには、横にスクロールしていくスライダー形式のデザインとなります。

15.
「この記事を書いた人」簡単挿入

この記事を書いた人

「この記事を書いた人」というプロフィールボックスのデザインにもこだわりました。また、サイドバーにもプロフィールを設置することができます。

16.
おすすめ記事を記事下に簡単挿入

特に読んでもらいたいページがある場合には、そのページへのリンクを画像付きで設置することができます(最大4つまで)。

17.
人気記事ウィジェットをプラグインなしで実装

人気記事ウィジェットをプラグイン無しで実装

サイドバーにはサイト内の人気記事(PV数の多い記事)をランキング形式で表示することができます。「WP Popular Posts」のようなプラグインを導入する必要はありません。

18.
記事一覧レイアウトは2種類から選択可能

▼ デフォルトの表示

▼ オプション表示

トップページなどの記事一覧のスタイルは2種類から選択可能です。トップページとアーカイブページ(カテゴリーページなど)で別のスタイルに設定することもできます。

19.
モバイル用フッター固定メニューを簡単に設置可能

NEWver1.3のアップデートより、モバイル(スマホ/タブレット)用のフッター固定メニューを簡単に使用することができるようになりました。

20.
関連記事のデザインパターンは3種類以上

NEWver1.3のアップデートより、関連記事のデザインは3パターン以上から選べるようになりました。切り替えに専門知識は不要です。

21. レビュー用ボックスを挿入可能

この本の評価
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.0)
デザインの美しさ
(5.0)
値段
(3.0)
コレクション性
(2.0)
総合評価
(4.5)
ショートコードにより、上のようなレビューボックスを簡単に作成することができます。

22. ヘッダー下にお知らせ欄を設置可能

NEWver1.3のアップデートより、ヘッダー下にお知らせ欄を設置することができるようになりました。背景色にはグラデーションをかけることもできます。

23.
目次プラグインTOC+のデザイン設定済

便利な目次プラグイン「Table Of Contents Plus」のスタイルも予め用意しています。少し設定を変えるだけで、この画像のような目次のスタイルにすることができます(水色の部分には、カスタマイザーで設定したメインカラーが使用されます)。

24.
カエレバのデザイン設定済み

また、カエレバやヨメレバのデザインも設定済みです。


その他のSANGOの魅力
  • 記事下にCTAを設置可能(詳細
  • 追尾サイドバーをプラグイン無しで実装可能(詳細
  • カテゴリーページにユニークテキストを設定可能(詳細
  • 記事ごとにnoindex/nofollowを設定可能
  • OGP/Twitterカード設定済み(Twitterカードとは?
  • 2種類のシェアボタンを1クリックで変更可能(詳細
  • 記事内や記事タイトルなどに簡単に広告を設置可能(詳細

この他にもたくさんの魅力がSANGOには詰まっています。

SANGOを導入しよう

SANGOであなただけのブログを作りましょう。きっと、ブログを書くことが楽しくなるはずです。